リゾートバイトの寮生活を知ろう! - 個室や相部屋の違い、寮費無料も

リゾートバイトの寮生活を知ろう!

 

リゾートバイトには勤務地にスタッフのための寮が用意されており、住み込みの生活をしながら働くことができます。

 

今回は、リゾートバイトのスタッフが生活する寮の種類や設備、生活の実態について紹介します。

 

 

 

リゾートバイトの寮生活のシステムを知っておこう

 

まずは、リゾートバイトのスタッフが利用できる寮生活のシステムについて簡単に見ていきましょう。

 

誰でも寮生活をしながら働ける

 

リゾートバイトは、全国のホテルや旅館、遊園地やレジャー施設といった観光業で働ける住み込みのアルバイトです。

 

スタッフは全国各地からやってくるので、勤務先の近くにはスタッフのための寮が用意されています

 

リゾートバイトでは、1週間〜2週間、1ヶ月や3ヶ月の短期、あるいは半年以上の長期でも寮生活をしながら働くことができますよ。

 

ほとんどのスタッフは一人きりで参加していますが、友達同士やカップル・ご夫婦で働くこともできます。その際、派遣会社に相談すれば部屋割りの調整もしてくれます。

 

また、勤務先が自宅の近くにある場合は、自宅から通勤することもできますよ。自分に合った働き方を選ぶようにしましょう。

 

⇒ 実際の求人を見てみよう

 

⇒ リゾートバイトの始め方

 

 

生活費は基本的に無料

 

寮生活に必要な寮費・水道光熱費は基本的に無料。現地までの交通費や食事は支給されます

 

個人旅行で長期滞在するとなると、かなりの旅費がかかるところをリゾートバイトを利用すれば、ほとんど生活費をかけることなく好きな場所で暮らすことができます。

 

ただし、勤務先によって寮費や水道光熱費、食費の一部を求められることもあります。事前に必ず派遣会社のコーディネーターに確認しておくようにしましょう

 

また、現地までの交通費には上限があります。基本的には上限以内で収まることが多いですが、勤務先によっては自腹を切る必要があるので注意しましょう。

 

⇒ 生活費はどれくらいかかる?

 

⇒ 交通費は支給される?

 

 

寮の設備は勤務先によって違う

 

寮の部屋割りや設備は、勤務先によって大きく違ってきます。

 

相部屋のところもあれば、完全個室のところもありますよ。男女寮は基本的に別です。異性の立ち入りは禁止になっていることが多いですね。

 

部屋の内装も二段ベッドところや客室を利用した部屋などもあり、その種類はとても豊富です。

 

共有スペースになっているリビング・キッチン・洗濯場・お風呂などは、自由に使うことができます

 

大きな旅館やホテルの場合は、お客様に提供している大浴場を使わせてもらえる場合があります。ちょっとした旅行気分を味わえると人気の勤務先です。

 

寮の部屋や設備の内容については、事前に派遣会社のコーディネーターから写真付きの資料を見せてもらうことができます。ミスマッチの内容に必ずチェックするようにしましょう。

 

⇒ 寮の部屋についてもっと知ろう

 

⇒ 寮の設備についてもっと知ろう

 

 

食事は支給制で頻度はさまざま

 

滞在期間中は、寮で提供される食事をスタッフ仲間と食べることになります。

 

寮によっても違いますが、基本的には「勤務日に2食を提供する」ところが多いですね。

 

たとえば、お昼に中休みのある仲居さんの仕事であれば、朝と夜の食事が出て、昼は自分で用意して食べるという形になります。

 

休日は基本的には食事が出ないので、寮のキッチンで料理を作って食べたり、外食をすることになります

 

ただし、勤務地が辺鄙なところにあって、気軽に買い物ができないようなところであれば、滞在期間中は勤務日に関係なく毎日3食を提供してくれるところもありますよ。

 

⇒ 食事事情について知ろう

 

 

生活用品は持っていく必要がある

 

リゾートバイトではしばらく現地で滞在することになるので、生活用品を持っていく必要があります

 

寮には洗濯機もあるので、3〜4日くらいの着替え、タオルなどの日用品があれば、着るものには困りません。

 

その他にも現地の気候に合わせて必要なものや自由時間を楽しむための娯楽用品なども持っていくことができます。

 

最低限の必要な荷物については、派遣会社から教えてもらうことができますよ。

 

また、荷物が多くなって持ちきれないときは、事前に宅配便で寮へ送ることもできます。

 

⇒ 必要な持ち物は?

 

 

いろんな人間関係の楽しみ方がある

 

滞在期間中にスタッフ仲間と交流をもって、楽しい時間を過ごす人も多いです。

 

寮の共有スペースで話をしたり、遊んだり、休日には一緒に出掛けたり、飲み会を開催することもありますよ。

 

もちろん、仕事とプライベートを分けたいという人は、完全個室のアパートタイプを選んで自分の時間を大切にすることもできます。

 

自分に合った過ごし方ができるよう、寮の造りや人間関係についても派遣会社と相談しながら寮を選ぶのがいいですね。

 

⇒ 休日の過ごし方は?

 

⇒ 人間関係について知ろう

 

実際の求人を見てみよう!

 

グッドマンサービス

  • 業界NO.1の高時給。時給1,200円以上やリピートスタッフはさらに単価アップ

 

アルファリゾート

  • 一人ずつのサポートが丁寧で初心者にもおすすめ。登録は電話だけでOK

 

ヒューマニック

  • 圧倒的な求人数をほこる派遣会社。数日だけの単発求人も紹介できる

 

⇒ 派遣会社の比較はこちら

 

⇒ リゾートバイトの始め方

 

 

 

リゾートバイトの寮の部屋の種類を知ろう

 

リゾートバイトの寮にもいろんなタイプがあり、個室・相部屋などが選べるようになっています。

 

選べる寮の種類を見ながら、それぞれのメリット・デメリットをチェックしましょう。

 

相部屋の共同寮

 

部屋は2〜4人ほどの相部屋で、リビングやお風呂、台所、洗濯室が共同の寮です

 

一般的に「住み込みの寮」といえば、このタイプが思い浮かぶのではないでしょうか。

 

リゾートバイトの共同寮は男女別です。食堂などは共同になっていることもあります。

 

メリット:

  • 短期間で仲間と仲良くなれる
  • 思い出が増える、生活時間が濃厚
  • 寮の管理人さんがいるので掃除の手間が減る

 

デメリット:

  • 二段ベッドや個人スペースが少ないので狭い、物を置く場所がない
  • 相性の合わない人と一緒になるとつらい
  • いびきや歯ぎしりが気になる

 

⇒ 友達同士で参加するには?

 

 

個室の半共同寮

 

リビングやお風呂、台所、洗濯室などは共同ですが、寝室自体は個室になっている寮もあります

 

仲間と交流する機会をもちつつ、プライベートをきちんと確保できる寮です。

 

最近のリゾートバイトではこのタイプの寮が一番多いですね。

 

メリット:

  • 仲間とほどよい距離感が保てる
  • プライベートな時間を確保できる
  • お風呂や台所は広いスペースが活用できる

 

デメリット:

  • 部屋の掃除は個人に任されることもある
  • 物音や話し声に気を使う
  • テレビがないなど個室として設備が不十分なところもある

 

 

ワンルームのアパートタイプ

 

完全個室のアパートタイプも最近は増えてきています

 

プライベート重視のスタッフが増えたことで、「寮のタイプは断然個室」で求人探しをする人も多いようです。

 

ワンルームのアパートタイプは、マンスリーの家具付きアパートを想像してするといいでしょう。

 

ベッドやテレビ、小さな台所、トイレ、風呂がすべて個人で使用できます。

 

メリット:

  • 生活設備がすべて自分1人だけで使用できる
  • 食事や風呂の時間などを気にせずに済む
  • 共同寮ほどまわりを気にしないで済む

 

デメリット:

  • 仲間と仲良くなる機会が少なくなる
  • 基本的に掃除は自分でやる必要がある
  • 一人暮らしに慣れていないと心細いこともある

 

⇒ 一人暮らしを体験するには?

 

⇒ カップルで参加するには?

 

 

客室の一部利用タイプ

 

リゾートバイト独自のタイプとして、ホテルや旅館、民宿、ペンションなどの客室を一部スタッフのために使う勤務先もあります。

 

寮としての別の建物がない場合、客室の一部を寮の部屋として使えます。

 

ときには、すべて無料とは思えないほどステキな部屋で寝泊まりできたという口コミもありますよ。

 

メリット:

  • 客室なので部屋自体がキレイ
  • ベッドが大きい、テレビが見やすいなど設備が整っている
  • 施設内の寝泊まりなので通勤時間が必要ない
  • 大浴場やジム、プールなどの施設が使えることもある

 

デメリット:

  • お客様も宿泊されるのでうるさいのは絶対禁止
  • 一日中、施設内にいることもある
  • 掃除は自分たちでやることが多い

 

⇒ 民宿やペンションの仕事とは?

 

 

 

リゾートバイトの寮にある生活設備を知ろう

 

リゾートバイトの寮では、寝室となる部屋以外の生活設備を共有していることが多いです。

 

寮の生活設備は勤務先によっても違いますが、一般的によくある設備について見ておきましょう。

 

部屋のなかの設備

 

それぞれの部屋には、ベッドや収納スペースなどの最低限の生活用品が整っています。寮によっては、テレビや扇風機なども用意されていますよ。

 

引っ越しするほどの大きな家財道具は必要ないので、着替えなどの身の回りの生活用品を中心に持って行くようにしましょう。

 

⇒ 必要な持ち物とは?

 

 

リビングルーム

 

スタッフがくつろげるリビングルームには、ソファーやテーブル、テレビなどが設置されています。

 

リビング・ダイニングになっている場合もあって、自炊をしたときはここで食事をとる人もいます。

 

スタッフ仲間で会話を楽しんだり、イベントごとを開くこともありますよ。

 

⇒ 人間関係はどうなのか?

 

⇒ 休日の過ごし方とは?

 

 

キッチン

 

台所が共有になっている寮では、自炊のために台所の設備を使うことができます。

 

基本的な調理器具や食器、レンジ、炊飯器、ガスコンロなどはそろっており、自由に使うことができますよ。

 

ただし、調理や後片付けは自己責任なので、他の人が使うことも考えて綺麗にしておくように心がけましょう。

 

⇒ 食事の事情とは?

 

 

ランドリー

 

何台かの洗濯機が設置されている洗濯場もあります。乾燥機能が付いた洗濯機になっていることもあります。

 

ランドリーにはいくつかの洗濯機がありますが、スタッフの洗濯時間がかぶると待たなければいけないこともあります。

 

また、寮によっては洗濯に使う洗剤を自己負担することもあるので注意しましょう。

 

 

大浴場

 

寮内にある大浴場を使うこともできます。ホテルや旅館などの宿泊施設では、お客様用の大浴場を使わせてくれることもありますよ。

 

シャンプーやリンス、石鹸なども用意されていますが、自分のお気に入りがあるときは持って行くようにしましょう。

 

完全個室のアパートタイプなどは、ユニットバスがついていて個別にシャワーやお風呂に入ることもできます。

 

⇒ 温泉地で働くには?

 

 

 

 

リゾートバイトで寮を選ぶときの注意事項

 

リゾートバイトで働くスタッフのなかには、寮の設備を基準に求人を選ぶ人もいます。

 

寮の生活にはあまり興味がないという人も、最低限チェックしておきたい注意事項を押さえておきましょう。

 

事前に写真などでチェックしよう

 

リゾートバイトの求人は、専門の人材派遣会社を通して紹介してもらいます

 

派遣会社では求人情報だけでなく、寮の部屋や周辺環境についても教えてもらうことができます。

 

どんなに条件の良い求人でも、寮の部屋については一度、きちんと写真などを見せてもらうようにしましょう

 

寮によっては綺麗なところ、汚いところもあります。毎年、スタッフを送っている勤務地であれば、先輩スタッフの体験談や口コミを聞くこともできますよ。

 

 

 

寮の規則や罰則の厳しさを確認しよう

 

リゾートバイトの寮にもきちんとした規則があります

 

「異性の立ち入り禁止」や「火気厳禁」、「従業員以外の立ち入り禁止」などです。

 

寮の規則は勤務先によっても違い、厳しい罰則を科せられる場所もあります。たとえば、スキー場勤務では「スキー・スノボ禁止」とか。

 

交友関係を楽しみたいところですが、罰則のせいでつまらない滞在にならないよう気を付けましょう。

 

ちなみに、門限についてはそれほど厳しくしていない寮が多いですね。社会人のスタッフもいますから門限なしのところがほとんどです。

 

 

寮代が一部徴収されるかどうか知っておこう

 

リゾートバイトでは、基本的に寮代や水道光熱費は無料です。

 

ですが、一部の勤務地では寮代が給料から差し引かれるところもあるようです

 

前もって知っていたのならいいのですが、現地に言ってから急に徴収されたのでは困りますよね。

 

多くの勤務地は寮代無料ですが、念のために前もって人材派遣会社などで確認しておきましょう。

 

また、水道光熱費も異常な使用量の場合は料金を徴収されることがあります。一般的な範囲内で使用するようにしましょう。

 

⇒ 寮費無料の求人を探すには?

 

⇒ 生活費はどれくらいかかる?

 

 

 

 

リゾートバイトの寮についてよくある質問は?

 

Q1:汚い寮と綺麗な寮があるって本当?

 

寮の内装や設備は勤務先によって大きく違うので、なかにはあまり綺麗でない寮もあります。

 

築年数が長くて古い寮や古民家を利用したものなど、畳に布団を敷いて寝るところもまだあります。

 

気になる場合は、必ず事前に派遣会社のコーディネーターから寮の現在の様子を写真付きで見せてもらうようにしましょう。

 

また、実際の住み心地については、先輩スタッフの体験談や口コミを教えてもらうこともできますよ。

 

 

Q2:寮に虫は入ってくる?

 

寮が自然の近くにある場合は、虫も入ってきてしまうこともあります。特に、都会住まいの方は驚かれるかもしれませんね。

 

これに限ってはどうしようもないことで、最低限の対策はしてくれていますが、ある程度の虫は覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

 

Q3:寮は男女別々になっている?

 

寮は基本的に、男女で別々です。それぞれの寮は異性の立ち入りが禁止されていることが多いですね。

 

男女混合のグループで飲み会や遊びがしたいときは、食堂などの共有スペースや外に遊びに行くこともできます。

 

リゾートバイトの場合、スタッフの約6割は女性なので、安全面はできるだけ確保してくれています。

 

もちろん、新しい出会いが欲しい人にとってもリゾートバイトはいい機会です。実際、リゾートバイトに来て恋人ができる人もめずらしくありません。

 

 

Q4:人見知りでも大丈夫?

 

「初対面の人といきなり相部屋になるのは不安がある」「何を話せばいいのかわからない」という人は多いですよね。

 

無理に親しくする必要はありませんが、そんなときは部屋は個室の半共同寮がおすすめです

 

個室でプライベート空間を守りつつ、共同スペースで少しずつ他のスタッフと交流していくと、公私のバランスが取りやすくなりますよ。

 

⇒ 人見知りでも働けるのか?

 

⇒ スタッフのタイプから求人を探す

 

 

Q5:大きな荷物を持って行きたいときは?

 

リゾートバイトでは生活空間をまるごと移動させることになるので、荷物が増えてしまうこともあります。

 

また、現地でスポーツがしたい人は愛用のスポーツ用品を持って行きたいこともあるでしょう。

 

そんなときには、寮に入る前日くらいに大きな荷物だけ宅配便で送ることができます

 

荷物を送るときは、事前に派遣会社のコーディネーターから寮の管理者に連絡を入れてもらいましょう。

 

料金は元払いとして、送り状には自分の名前と派遣会社の社名を書いておいてください。寮の受け取りがスムーズに進みますよ。

 

⇒ 必要な持ち物とは?

 

 

Q6:郵便や宅配は受け取れる?

 

長期滞在になる場合、滞在期間中に郵便物や宅配物を受け取りたくなることもあるでしょう。

 

この場合、住民票を移す必要はありません。

 

郵便物の場合は、郵便局に一定期間だけ別の住所に送ってもらうように「一時的な転送」の届出をすることができます。期間が終われば、また自宅に郵送してくれます。

 

宅配便の場合、送り主と連絡が付くのであれば寮の住所を伝えておくのがいいでしょう。

 

送られてくることがわかっているのであれば、寮母さんなどの寮の管理者に宅配便が来ることを伝えておきましょう。

 

 

 

リゾートバイトのおすすめ派遣会社ランキング!

 

派遣会社の利用には、まず公式サイトからの無料スタッフ登録から始めてみてください

 

あなたの希望に合った求人を探してきてくれるほか、住み込み生活の準備や現地までの交通ルートなどのサポートもしてくれますよ。

 

ちなみに、派遣会社で受けられるサポートはすべて無料です

 

派遣会社の選び方

  1. 応募したい求人は扱っている?
  2. 時給単価は高い?【会社によって時給額が違うため】
  3. コーディネーターは相談しやすい?
  4. 複数同時利用の裏技も使おう

 

第1位:グッドマンサービス(リゾートバイト.com)

 

< おすすめポイント >

  1. 1,200円以上の高時給求人がたくさん見つかる
  2. リピーターはさらに時給アップの制度あり
  3. 1ヶ月未満の短期やめずらしいレア職種も対応している
  4. 東京オフィス、電話、スカイプにてスタッフ登録ができる
平均時給 求人数

1,000円〜1,200円

1,000〜2,000以上

グッドマンサービスの特徴は?

 

業界NO.1の高時給が自慢の派遣会社です。下は800円台、上は2,000円以上の高単価で求人が探せます。

 

近年、急成長している派遣会社でもあり、求人数も豊富で数日だけの単発やレアな仕事内容も見つかりますよ。

 

リピーターが多いことも特徴的で、リピータースタッフは時給アップしてくれるという嬉しい特典もついています

 

また、BBQやフットサルといったスタッフイベントにも無料で参加できます。友達や恋人との出会いが欲しい人も必見!

 

 

 

第2位:アルファリゾート

 

< おすすめポイント >

  1. コーディネーターの質が高く、対応が丁寧
  2. 女性が働きやすい求人が多い
  3. 平均時給は1,100円以上と高め
  4. スタッフ登録は電話でOK!全国どこからでも相談できる
平均時給 求人数

900円〜1,100円

1,000〜3,000以上

アルファリゾートの特徴は?

 

スタッフ登録や相談はすべて電話対応ながら、一人ずつのサポートが丁寧だと評判の良い派遣会社です。

 

扱っている求人は女性向けのものが多く、登録しているスタッフも女性が多い印象です。

 

女性スタッフに人気の高い仲居さん仕事では、時給1,100円以上を保証してくれるなどの高時給案件もたくさんあります。

 

男性スタッフや超短期の求人を探している人にはあまり向いていませんが、女性スタッフなら登録しておきたい派遣会社です。

 

 

⇒ アルファリゾートの評判は?

 

 

第3位:ヒューマニック(リゾバ.com)

 

< おすすめポイント >

  1. リゾートバイト最大手の派遣会社
  2. 求人数は常時2,000件以上、ピーク時3,000件以上
  3. 定番の求人から土日のみのド短期求人も対応
  4. 全国9ヶ所のオフィス、Web、郵送にてスタッフ登録できる
平均時給 求人数

800円〜1,000円

2,000〜3,000件以上

ヒューマニックの特徴は?

 

圧倒的な求人数を誇る、リゾートバイト業界でも最大手の派遣会社です。求人は常時2,000件、ピーク時期は3,000件を超えます。

 

他の派遣会社ではなかなか見ないような、超短期求人やレア職種にも強いという特徴があります。

 

ただし、平均時給がやや低めなところとコーディネーターの対応が事務的なところはちょっと気を付けたいですね。

 

目当ての求人が見つからないときやいろんな求人から探してみたいというときに利用したい派遣会社です。

 

 

⇒ ヒューマニックの評判は?

 

 


page top